全仏オープンでの女子ダブルスの試合は、複数のブックメーカーがゲームの1つで異常な賭けのパターンにフラグを立てた後、八百長の疑いがあると伝えられています。

ドイツのアウトレットWELTによると、問題の試合は、9月30日のアンドレア・ミトゥとルーマニアのパトリシア・マリア・ティグの米国のマディソン・ブレングルとロシアのヤナ・シジコバとの試合であり、プレーヤーの1人が詐欺に関与している。

第2セットの第5ゲームでシジコバのサーブが破られるベットに複数のプロバイダー経由で数十万ユーロの賭けが行われたと推定されています。

Tennis Integrity UnitもSportradar(賭けを監視するスポーツデータ分析会社)もこの問題についてコメントをしていませんが、現在調査中であると言われています。

同様な事例が今年1月、ブラジルのプレーヤーJoao Souzaによって引き起こされ、試合の修正と破損の罪で有罪となった後、TIUからエントリー禁止と20万ドルの罰金を科されました。

テニス スポーツベットの情報ならここがおすすめ   

     スポーツベットで稼ぐ徹底攻略

おすすめの記事