初心者でも簡単に理解できるスポーツベットの賭け方を徹底紹介!

スポーツベットをしようと思ってもどのように賭け方いいのかわからない人も多いです。

そこで、ここではスポーツベットの代表的な賭け方について紹介します。

スポーツベットの基本的な賭け方3つ

ここではスポーツベットの基本的な賭け方を3つ紹介します。

  • 勝敗予想オッズ
  • オーバーアンダーオッズ
  • ハンディキャップ

勝敗予想オッズ

スポーツベットにおいて最も重要なのが、勝敗予想オッズです。賭けた方が勝てば的中するという、最もシンプルなオッズです。

日本語対応のブックメーカーなら単純に勝敗と記載されています。英語ではMatch Betting (マッチベッティング)、野球やバスケ、アメフトなどのアメリカンスポーツにおいてはMoney Line (マネーライン)と呼ばれています。

また、サッカーのような、試合結果としてドローも考えられるスポーツでHome/Draw/Away (ホーム・ドロー・アウェイ)や1x2 (ワンバイツー)と表記されることもあります。

ゴルフやF1などの大勢の出場者の中で優勝争いをするスポーツでは、特定の選手をピックアップして「どちらのスコアが上か」といった勝敗予想オッズが用意されている場合もあります。。

勝つか負けるかを予想するシンプルな賭け方になるので、スポーツベットにおいては中心となる大切な賭け方です。

オーバーアンダーオッズ

オーバーアンダーオッズは、試合のスコアが指定の数字を上回るか下回るかを予想する賭け方です。

たとえばサッカーの場合、試合中の総ゴール数を予想します。

ベットの選択肢としては1点以上や2点以上のような、整数表記ではないことに注意してください。

1.5点以上、2.5点以上という風に0.5点単位になっています。これは、オーバーかアンダーのどちらかが的中するようにするためです。

選択肢が整数になっているオッズも存在します。この場合、仮に2点オーバーで予想して2点だった場合、賭けは無効となり返金される仕組みになっています。

ハンディキャップ

試合結果あるいは特定の事柄に対し、ハンデを与えて結果を予想するのがハンディキャップです。

選択肢となるハンデがいくつかあり、その複数の選択肢の中から1つを選びます。

+1.5点というハンデにベットした場合、賭けが的中するためには、相手チームが2点差以上の点差をつけないことが条件になります。あくまで賭けの成立の話なので、試合結果として敗北でも、2点差以上でなければ賭けは的中となります。

反対に、-1.5点のハンデの場合、相手チームとの点差は最低でも2点以上はある必要があります。

ハンディキャップの基本としては「結果にハンデを加えること」です。ただし細かいルールは複雑になっていて、その分プレイヤーの経験が試される、奥深い賭け方。

スポーツベットの応用的な賭け方9つ

ここでは、スポーツベットの応用的な賭け方である以下の9つを紹介します。

  • ダブルチャンス
  • ドローノーベット
  • イエス/ノーベット
  • ダブルリザルト
  • 奇数/偶数ベット
  • ウィニングマージン
  • x点ベット
  • コレクトスコア
  • スコアラーマーケッツ

ダブルチャンス

ダブルチャンスは、主にサッカーの試合ではほとんど用意されている掛け方の1つ。最初に紹介した勝敗予想オッズの派生となる賭け方です。

勝敗予想オッズの場合は選んだチームの勝利、またはドローの、1つの結果を予想して的中させる賭け方でした。

しかし、ダブルチャンスの場合は予想できる結果が2つになります。選んだチームの勝利または引き分け、引き分けまたは相手チームの勝利、どちらかのチームの勝利(引き分けは外れ)の3つになります。

ダブルチャンスの名の通り、チャンスが2度ある賭け方ということです。

勝敗予想オッズよりも当たりやすいため倍率は下がりますが、予想がしやすく、手固く利益を確保しやすいという魅力があります。

ドローノーベット

ドローノーベットは、ダブルチャンスと同様、サッカーでは多く登場する賭け方。

勝敗予想オッズのように、選んだチームの勝利に賭けて、勝った場合は予想的中という賭け方になります。異なる点は、試合結果が引き分けだった場合に返金されることです。

勝敗予想オッズよりも倍率は下がりますが、どちらかのチームの勝利だけを予想すれば良いため、リスクヘッジが効いているところが特徴です。

イエス/ノーベット

イエス/ノーベットという正式な名前はありませんが、スポーツベットでは結果を「はい」「いいえ」で予想して賭けることもできます。

野球であれば、両チームが得点するのか、バスケであれば延長はあるか…など、質問に対しての結果を予想し賭けるというものです。

これはどのスポーツでも登場する賭け方の1つなので、勝敗予想オッズと合わせて頭に入れておくようにしてください。

奇数/偶数ベット

賭けの対象になっている結果が、奇数か偶数のどちらになるかを予想するのが奇数/偶数ベットです。奇数か偶数かを予想するその仕組みもあり、基本的にはスコアが賭けの対象になります。

テニスであれば総ゲーム数、サッカーではイエローカードの枚数なども対象になります。

奇数になるか偶数になるかはほとんど運任せになってしまいますが、スポーツベットでは主流な賭け方の1つに数えられるものです。

ダブルリザルト

主に試合が前半と後半に分かれているスポーツで用意されていて、前半のみの中間結果と、最終的な試合結果を組み合わせた選択肢から選ぶ賭け方。

選択肢は6つあり、それぞれ前半で一方のチームが勝ったまま試合が終了、前半では一方のチームが勝っていたが後半で逆転、そして前半では引き分けだったものの後半でどちらかのチームが勝利です。

単に勝ち負けにベットするのではなく、どちらのチームが勝つのかも予想してベットする必要があります。

また、サッカーの場合は引き分けのまま試合が終わることもあるため、全体で9つの選択肢があります。

選択肢が多い上、試合の流れを正確に読んで賭ける必要があるために難易度は高いですが、的中した時の興奮は格別です。

ウィニングマージン

ウィニングマージンは勝敗ではなく得点差を中心にした賭け方です。

得点差は指定の点差以上か以下かというオーバーアンダータイプ、指定された点差以上で勝つチームを予想するタイプ、点差と勝敗を予想するタイプなどバリエーションが豊富なのが特徴です。

また、このウィニングマージンとダブルリザルトを複合させる賭け方もあります。

前半の結果と最終的な試合結果、そして点差を予想する高難易度なベット方法ですが、当たった時は爽快です。

x点ベット

x点ベットとは、先にどちらのチームが既定の点数に達するかを予想する賭け方です。

この賭け方は野球やアメフト、バスケといった、得点の動きが大きいスポーツに用意されます。

試合中にも設けられることがありますので、試合の流れを読んでその後どうなるかを見極めて賭けてみると面白いです。

コレクトスコア

試合終了時のスコアをピッタリ予想するという、難易度が高めな賭け方がコレクトスコアです。これはどちらかのチームの点数ではなく、両方のチームの点数をぴったりと予想する必要があります。

1点でも予想が外れていれば的中とはならないシビアな賭け方ですが、思わぬ試合結果となる場合は自然と倍率も上がり賞金も増えます。

格下のチームが勝利するような番狂わせが起これば大きく当たる、ユニークな賭け方です。

スコアラーマーケッツ

試合結果を予想する賭け方が多いのに対し、スコアラーマーケッツは個別の選手について予想する賭け方。

サッカーであれば、選手ごとに「最初のゴール」「いつでも」「最後のゴール」「2点以上」「3点以上(ハットトリック)」について予想します。

この中でも「いつでも」が最も基本になります。90分間の試合の中で、指定の選手がゴールを1度でも決めれば的中となります。

これはラグビーではトライを誰が決めるか、バスケでは最多得点者の予想など、スポーツによって細かくルールが違います。

チームではなく選手1人をピックアップして賭けるため、その選手のファンであれば最高の賭け方です。応援にもより熱が入りますし、期待に応えてくれれば普段よりも嬉しく感じることでしょう。

まとめ

スポーツベットでは単に「どちらのチームが勝つのか」という予想をするだけではなく、どちらのチームがどのような勝ち方をするのか、試合の流れはどのような展開だったのかなど、ベット方法だけでもたくさん存在します。

また、それらを複合させて自分なりの賭け方を研究することもできます。 スポーツベットは、スポーツ観戦をより楽しむという意味合いだけでなく、いかに賭けるか、いかに勝つかというところの分析に、スポーツとはまた違った楽しみを見出せるのではないでしょうか。

おすすめの記事