ブックメーカーで利用できるスポーツベッティングにはたくさんの種類があり、利用する賭け方によってはオッズ倍率や勝率が違ってくるため、詳しい分析や運などによって大きく利益を生み出していくこともできます。

また、スポーツベッティングのイメージと言えば、どちらのチーム(個人)が勝利するかを予想するものだと考える方もいらっしゃるかと思われます。

たしかにそのような賭け方のゲームも複数ありますが、実際には賭け方はどちらか一方の勝利に賭けるだけではなく、途中経過の得点や得点差など様々な条件でオッズしていくこともできます。

そのような中で、レースのように「どちらのチーム(個人)が早く目標の得点にたどり着けるか」を競える賭け方として、初心者から上級者まで幅広く利用できる「Race To X Points」という賭け方があります。

そこで今回は、「Race To X Points」の基礎知識および利用時のメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

Race To X Pointsとは

まずはRace To X Pointsの基礎知識として、名前の由来と、賭け方の特徴を理解しておきましょう。

特徴

Race To X Pointsは上記でご紹介したように、「どちらのチームが早く目標の得点に達するのかを予想する賭け方」。

例えば先に2点先取するという条件に賭けるのであれば、「Race To 2 Points」という項目を選択する形となり、複数のスポーツで様々な到達得点に対してオッズしていくことができます。

賭けるのはゲーム結果ではなく、ゲーム途中の到達得点となりますので、場合によっては試合の途中に賭けの結果が出ることもよくあります。得点は遠ければ遠いほどオッズ倍率が高くなる傾向にあるため、自分の応援したいチームの勝率や、試合の動きなどを予想して、Race To X Pointsの項目にオッズしてみるといいかもしれません。

名前の由来

Race To X Pointsは「X点を競う」という意味を持ち、予想した点数にどちらが早くたどり着けるかをオッズするという意味から名づけられました。どちらのチームが勝利するかを賭けるだけだったスポーツベッティングを多様化し、幅広い人たちが楽しめるように開発された賭け方の1つで、現在では数多くのユーザーがこの賭け方を利用してスポーツベッティングを楽しんでいます。

Race To X Pointsのメリット

続いて、Race To X Pointsを利用するメリットを理解していきましょう。魅力的なポイントが多い賭け方ですので、内容を覚えて実践してみるといいかもしれません。

豊富な賭け方が利用できる

Race To X Pointsには様々な賭け方があり、例えば「Race To 1 Points」「Race To 3 Points」などXの項目に到達得点が含まれた賭け方がたくさん存在します。利用するスポーツによっては大きく得点が入るゲームなども多数存在しますので、オッズ倍率のことを考えながら「これならいけそうだ!」というものに賭けてみるといいかもしれません。

状況に合わせた賭け方ができる

上記で様々な到達得点に対する賭け方があるとご紹介しましたが、到達得点がたくさんあるという部分にもメリットが隠れており、例えば過去の試合戦績などを確認してみて、最近絶好調だというチームが見つかったとします。このような場合はそのチームに賭けていかれるかと思いますが、オッズ倍率が低ければあまり利益を生み出すことができません。

しかし、Race To X Pointsは複数の選択肢が準備されており、その中には倍率が高いものも含まれるので、上手く賭け方を選んでいけば大きな利益を生み出せる可能性があります。

豊富な選択肢もつ賭け方ですので、便利に利用していきましょう。

幅広いユーザーが利用できる

スポーツベッティングと言えば、初心者にはハードルが高い印象がある賭け方もたくさんありますが、Race To X Pointsは単純に到達得点に対して賭けていくだけなので、比較的簡単に利用できるという特徴を持ちます。

複雑なことはわからないけどスポーツベッティングを楽しみたいという方がいらっしゃるのであれば、便利に利用してみてはどうでしょうか。

Race To X Pointsのデメリット

また、利用におけるデメリットにも目を向けていきましょう。デメリットを理解しておけば、Race To X Pointsのことをより深く理解できます。

1本勝負だと勝率が下がる

Race To X Pointsには様々な賭け方があり、好きな賭け方を選択していくことができるのですが、複数ある中からひとつだけを選択していては、負けた場合の損益が大きくなってしまいます。

そこで、スポーツベッティングで安定勝かつ有利にゲームを進めていきたいというのであれば、安定志向の考えとして「複数の賭け方を分散して実施する」という意識が大切です。

そのためRace To X Pointsを利用するときには「勝率が高いもの」「勝率が低いもの」「勝率が平均のもの」など分類分けを行い、予算の中から損益が大きくならないように、分散してオッズしていきましょう。

単純に賭けていくだけでは負けが続いてしまう可能性もあるため、考え方に注意して利用するといいかもしれません。

まずは情報収集をしよう

Race To X Pointsは「どちらのチームが強いのか」を理解しておかなければ勝率を大きく下げた中でオッズしていくこととなります。まずはブックメーカーなど無料で公開してある試合戦績表などを十分にチェックし、試合するチームのどちらが強いかを確認しておきましょう。

Race To X Pointsが利用できるスポーツ

Race To X Pointsは点数が大きくつくスポーツでよく利用される賭け方です。利用できるスポーツには複数の種類がありますので、以下に利用できるスポーツを一覧でまとめたいと思います。

              アイスホッケー

              バスケ

              野球(ベースボール)

              テニス

ラグビー

まとめ

以上、Race To X Pointsの情報をご紹介しましたが、この賭け方を利用する魅力が変わってきたのではないでしょうか。

試合結果ではなく試合途中の得点到達を予想していくRace To X Pointsはスポーツベッティングの気分転換としても利用できます。普通のベッティングとは違った方法を利用していくことにより、新しい楽しみ方を見つけるきっかけにもなりますので、まずは一度利用してみてはいかがでしょうか。

最後に今回の要点を以下にまとめますので、Race To X Pointsを利用するときにご参考いただけると幸いです。

①Race To X Pointsは「〇点に到達するのはどちらのチームが先か」を予想する賭け方

②豊富な到達得点の賭け方が設けられているため、状況に合わせた賭け方を考えていこう

③1つの賭け方ばかりしていては損益が生まれやすいため、分散オッズも検討しよう

おすすめの記事